先生の悩み①同僚の先生にイライラしてしょうがない

自分の才能・パーソナリティが持つ強み

そんな自分自身に与えられたギフトを受け取りませんか?

 

自分自身のことを今より好きになれる!

輝きコーチの Aki です。 

 

あきさんってどんな人?と思った方は、こちらから → プロフィール

 

 いつも応援ありがとうございます(^_^)!

 

同僚に腹が立ってしまうことってありませんか?

 

さて、今日から先生向けの記事を書いていきたいと思います。

 

 

コーチングと出逢った頃、

私は、感情の荒波の中で苦しんでいました。

 

 

当時の私の悩みは、

 

『ティームティーチングで組む先生に対してイライラしてしょうがない』

 

というものでした。

 

 

ティームティーチング(TT)とは、授業を二人で協力して行うことです。

授業をメインで教える先生をT1、授業をサポートする先生をT2と言います。

 

 

当時、中学校の数学では、

ティームティーチングで二人で授業を行うことがよくありました。

 

 

その年、私は自分より少しだけ先輩の男のS先生とペアを組むことになりました。

もちろん、年度の初めに決められたので相手が選べるわけではありません。

S先生が授業を進めるT1、私がサポートのT2でした。

 

 

そしてどういうわけか、

このS先生の授業を見ていると私はいつもイライラしてくるのです。

 

 

「その説明で、子どもが分かるかな~?分からないでしょ~」

「そこって重要なの?どうしてそこにこだわるの?」

「問題演習の時間がたった5分って少なすぎる~!」

 

 

などといつも批判的に授業を見ていたのです。

もちろん、先輩ですので口には出していませんが…。

 

 

授業は毎週続くので、

イライラは私を悩ます大きな大きな問題でした。

 

 

今思うと、自分自身の中にも

「T2としてどう授業に参加して良いか分からない」

「子どもたちとの距離がなかなか縮まらない」

といった悩みがあり、そうした鬱憤が

S先生への批判へと向かっていたのだと思います。

 

 

そんな中、私はコーチングのセッションを受けました。

コーチは、いろいろな視点でその状況を見られるように助けてくれました。

 

◯あなたが授業で大切にしたいことは、何ですか?

◯どうしたらS先生との距離を縮められそうですか?

◯この状況から学べることがあるとしたら、何でしょう?

◯なぜ、S先生はそのような行動をしているのでしょう?

 

セッションの中でたくさんの質問を投げかけ、私の思考を整理してくれました。

 

 

中でも、コーチの二つの言葉が非常に印象に残りました。

今日は、そのうちの一つを紹介したいと思います。

 

 

その日も私は、

S先生についてあれこれ話しを聞いてもらっていました。

ひと通り話し終えると、コーチはこう言ったのです。

 

 

「二人ともまじめなんだね」

 

 

 

二人とも!?

 

二人ともって、今言った!?

 

私はハッとさせられました。

 

 

その言葉で、自分とS先生の間に共通点があることに気付いたのです。

 

 

 

それは私にとって、とても大きな気づきでした。

 

 

 

S先生の

教育に対する情熱や仕事に対する真摯な姿勢など

よいところに目が行くようになったのです。

 

また、

「自分自身の弱さや未熟さを生徒の前で隠したい」

そんな思いも自分と同じだな~ということに気付きました。

 

 

 

コーチのフィードバックの一言で、

自分とS先生が同じだと思えるようになり、

それまで感じていたイライラがすうっと退いていったのです。

(フィードバックとは、コーチングのスキルの一つ。コーチにどう見えているかをクライアントに伝えることです)

 

 

 

あなたにも、イライラする同僚がいますか?

 

 

その同僚とあなたの共通点は何でしょう?

 

 

共通点を考えてみるとき、

あなたにも大きな気づきが生まれるかもしれません(^_^)

 

 

印象に残ったコーチの言葉、もう一つは次回紹介します。

この記事が必要な方に届きますように♪

 

 

 

↑「あの人と私の共通点って何だろう~!」ポチッ、ポチッ♪

 

この記事を読んで興味を持たれた方は、ぜひ、輝きコーチングへ  お申し込み

 

※ 輝きお茶会を定期的に開催しています

  第10回は、10月21日(土)14時~16時。

  場所は、ボンファム(愛知県名古屋市昭和区御器所通1丁目11-1 )です。

  参加申し込みはこちらから →  お問い合わせ

Follow me!

先生の悩み①同僚の先生にイライラしてしょうがない” に対して 2 件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です